自営業者がおまとめローン?自己破産経験者が語る現実

借金がある自営業者

自営業者がおまとめローンの審査に通るものでしょうか?正直厳しいですよね。自営業者でも資金調達でキャッシングなどを利用せざるを得ない状況に陥る人も多いでしょう。銀行などの借り入れも難しいですからね。

問題は多重債務者となり返済に行き詰った段階の逃げ方です。自己破産は安易にしたくないですし廃業はしたくないと、事業を継続した場合にどのような結末を迎えることになるのか?色々と対策をとる場合でも最悪の状況を想定して動いていきたいものです。

今回は自営業者がおまとめローン?自己破産経験者が語る現実についてまとめたいと思います。

自営業者の資金繰り

私もフリーランスでしたから資金繰りは大変でした。銀行で貸してくれるはずもないので、急場を凌ぐ場合はキャッシングということになります。一度借りてしまうとリボ払いなどは最低支払額のみで安心してしまい、次から次へとカードを作りかりてしまいます。

自営業でもフリーランスでもビジネスが順調であれば問題はないのですが、収入の波が激しいですから、急な売り上げの収縮には資金が追いつかなくなってしまうケースもあります。私の場合はフリーでも複数の外注スタッフをを使うケースもありましたから支払いが滞ると大変なことになります。でも下請け仕事の場合は元請けの支払いが滞ることもあるわけで、そうした場合には資金をどこからか調達してこないと事業がストップしてしまいますよね。

キャッシュフローの問題で仕事があるのに、事業を畳まなくてはいけないというのは歯がゆいわけで自己破産などという選択はしたくないともがくわけです。ですが刻々と支払い額は大きくなりますし毎月支払い日はやってくることになります。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

自己破産以外の道を探る

多重債務を抱えた状態で残された現実的な選択肢は、おまとめローンか債務整理かということになります。創業間もなければ創業者支援制度や開発資金であればIT補助金など公的資金なども必要に応じて申し込んでみるのもいいですが、直面した支払いに対して速攻性という面でいえば期待はできないですよね。名目上は借金を公的資金で清算できませんし。

おまとめローンの場合は自営業やフリーランスは審査の面でかなり不利になると思ってください。審査にはまず通りません。ですから何か大企業がバックに付いているとか、長年下請けでやってきた証明が帳簿などでできるのであれば交渉してみる価値はあると思います。おまとめローンで一番可能性があるのは地元銀行に毎月小額でもお金を積み立てて長年の信用を構築していたり、融資担当者と話ができるような関係があるのであれば、事業についても説明はしやすいですよね。おまとめローンの可能性もゼロではないはずです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

債務整理で借金減額

地元銀行への積立金など何の対処もしてこなかった方は審査に通りにくいので、債務整理の方で減額できるかどうか検討しておきましょう。債務整理も自己破産はしなくても個人再生などで大幅に借金を減額できる制度があります。また住宅ローン特例がありますので債務整理から住宅ローンだけ除外することもできます。

個人再生については借金総額の1/5まで圧縮が可能です。再生の許可も自営業として利益があることを証明できれば問題ないですし、債権者の異議申し立てもほぼ起きないと思っていいです。弁護士や司法書士に手続きをしてもらうのは必須ですが、その報酬を差し引いてもかなりの減額になるでしょう。期間が半年以上は見ておいた方がいいので、できるだけ早めに動いた方がいいですよね。

司法書士や弁護士を探したいがなかなか見つからないという方はこちらでご案内していますので債務整理について理解するとともに、電話相談で専門家に債務整理できるかどうか打診してみるといいでしょう。どこも全国で無料相談可能となっています。

どうしてもおまとめローンを申し込んで見たいという方は、できるだけ大手銀行系を避けるのがいいと思いますし、利息が高くなるのは覚悟で消費者金融系か下記にご紹介するおまとめローン特化型の機関に相談するといいでしょう。年収に対して借金が1/2以下であることは必須です。

自営業で赤字に陥るとなかなか抜け出せなくなりますよね、そんな中でふと廃業も頭をよぎります。自…

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

ユーファイナンス


中央リテール