おまとめローンは郵送物なしで申し込める?返済し続ける事は可能?

内緒でおまとめローンしたいとお考えの方もいると思いますが、そうなると郵送物が自宅に届くのはまずいですよね。おまとめローンはネットや電話で解決できるのか?そんな疑問にお答えしたいと思います。

お悩み人
郵送物が自宅に来ると旦那にバレるのよね・・。

詳しい人
電話は問題ないですが、郵送物は滞納した時はバレる可能性が高いので事前にどういう対策が必要か調べておきましょう!

今回は『おまとめローンは郵送物なしで申し込める?返済し続ける事は可能?』についてまとめたいと思います。

おまとめローンは郵送物なしで申し込める?

おまとめローンと言うと詳細な手続きが必要なイメージがありたくさんの書類を郵便でやり取りすると考えている方も少なくありません。しかし、実際は郵送物なしで申し込むことが可能です。その方法として、ローン契約機の使用やWEB完結のおまとめローンを選ぶことで解決できます。ローン契約機は都市銀行や有名な消費者金融のものを街中で見たことがあるかもしれません。この設備を使えば契約とカードの受け取りがその設備だけで完了しますから、後日郵便物が届くことはありません。

ただ、この方法は一部の金融機関や消費者金融のみで有効な場合が多く、おまとめローンに関してはその性質上ローン契約機で取り扱っていない場合も少なくありません。なのでおすすめしたいのがWEB完結のおまとめローンを見つけるということです。ただし、銀行の場合が多く口座を持っていることが条件なので口座を作ってから手続きを行うという手間があります。それらの方法以外となると最終手段は直接店舗へ出向いて受け取るという手段です。この方法を利用すれば確実に郵便物なしで申し込みが可能と言えます。ただ、この方法も対応してくれる金融機関や消費者金融が限られ、さらに担当者の裁量などにも左右される可能性があるため、利用前に電話で問い合わせておく必要があります。このようにやや手間がかかりますが、おまとめローンを郵送物なしで申し込むことはできるのです。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

郵便なしで返済し続ける事は可能?

郵便なしで返済し続ける事は可能です。ただし、こちらもある程度の努力が要求されます。それは郵便なしで契約できる金融機関や消費者金融を選びなおかつ、おまとめローンの返済状況をWEB明細書のサービスで対応している業者と契約するということです。そして延滞を決して出さずにしっかり返済し続けることが要求されます。

最近は多くの金融機関やカード会社、消費者金融が経費削減の一環としてWEB明細書のサービスを実施しています。なので、契約前に確認をしておくと比較的高い確率でWEB明細書のサービスに対応しています。また、対応しているところであっても追加返済を行うと明細が届いてしまうことがあります。そのため追加返済はネットバンキング(インターネット上で口座を操作して返済を行う)の利用で明細書の送付を回避するなど工夫する必要があるのです。また延滞を絶対に行わないことです。延滞に関してはどんなサービスであっても証拠を残すという意味で必ず郵便物を送付してきます。

また他社のローンの延滞を行っても、おまとめローンを行っている金融機関や消費者金融から契約違反による一括請求を求める郵便物が送られてきます。なので、もし他社でも契約している場合はそちらも注意しなければいけません。意外な落とし穴がほかの金融商品を勧めてくるダイレクトメールです。こちらも事前に送らないように連絡しておきましょう。このように郵便なしで返済し続ける事は可能ですが、かなりの努力が求められます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

家族や職場にバレずに完結できる?

おまとめローンは家族や職場にバレずに完結できます。基本的に申し込み時のカードの郵送、契約書の郵送、そして利用明細の郵送、督促状やDMの郵送を送らせない連絡や努力を行うことでバレません。また、仕事先や自宅への電話に関しては相手も配慮してくれる場合が多いのでどこからかは伝えてこないこともあります。また契約する相手を選べば電話連絡を一切行わないことも可能です。なので郵便物の郵送に配慮し、電話連絡をさせない約束をすればバレることはありません。

もちろん督促状は強制的に郵送されるものなので、延滞を行わないようにきちんと返済していくということが大前提になります。また、まれに電話がかかってくることがあります。そんな時はあらかじめ理由を考えておくことも有効な手段となります。理由として多く使われるのがクレジットカード会社からの電話と言うものです。そういった理由であれば同僚や家族もそれほど気にすることはありません。ただ、事前に極力連絡を入れないように依頼しておくということが重要です。

留守電にはすぐに折り返すようにしよう

電話はかけないでほしいという依頼をしても電話をする場合があります。そういった時は留守電に入れていることも少なくありません。もしそういった電話が入っていればすぐに折り返しましょう。なぜなら非常に重要な連絡であることが多いからです。一例を挙げると、申し込み時、登録情報の変更と言ったものがあります。

しかし、特に重要なのは延滞があった場合やローンの不正使用があったという緊急の電話です。こういった電話に対してはすぐに折り返し連絡しないとどんどんトラブルが大きくなる恐れがあります。しかも留守電の録音内容にはそういったものを極力残さないように配慮されているので、とりあえず留守電が入っていたら内容等の確認を行うことなく、すぐに折り返し電話をすることをお勧めします。このようにおまとめローンなどの契約をすると普段は留守電を無視しているような人であっても逐一留守電の確認を取るという習慣をつける必要が出てくるのです。

おまとめローンを選ぶコツ!

おまとめローンを選ぶコツは基本的に自分以外の家族や同僚、会社に連絡が行かないようにするということです。そのため、郵便物や電話が家族や会社に行かないようにする必要があります。例えば契約時にそういった連絡が行かないようにしてほしいと依頼することやそういったことを行ってくれる金融機関かどうか事前にカスタマーセンターなどへ連絡して調べるということも大切です。基本的に大手の金融機関や消費者金融のおまとめローンはそういった配慮をしてくれる場合が多いですが、念のために行っておくと良いかもしれません。またATMで追加の返済を行わず、インターネットバンキングを利用した返済を行うという手段も取る必要があります。

それでも万が一トラブルなどで電話がかかってきた場合の理由を考えたりすることもしておくと安心です。このように連絡が行かない、郵便物を送らないサービスを行うおまとめローンの金融機関や消費者金融を探して選ぶのがおまとめローンを選ぶコツと言えるのではないでしょうか。最後にお伝えしたいこととして、これらの優良なおまとめローンであってもこちらがひとたび延滞を行うと一気に連絡や郵便物の送付を行います。そのため延滞がないように計画的に返済を行うことをお勧めします。

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

ユーファイナンス


中央リテール