おまとめローンの仮審査とは?審査の流れと審査を通すコツ

おまとめローンなどは申し込むとまず仮審査になりますよね。30分程度のスピード審査です。この仮審査とはどういう意味を持つのでしょうか?その理解しておきたいポイントとおまとめローンの審査を通すコツについてまとめてみました。

お悩み人
仮審査には通ったみたいだけど見込みある?

詳しい人
本人確認や年収などに偽りがないか確認するのが本審査ということになります。仮審査に通れば勿論見込みはあると思いますよ!

今回は『おまとめローンの仮審査とは?審査の流れと審査を通すコツ』についてまとめたいと思います。

おまとめローンの仮審査とは?

おまとめローンを申し込むと二つの審査があります。本審査と仮審査です。本審査は多くの方がイメージするようなローンの審査で対面で行う場合もあるのですが、仮審査はどんなものなのでしょうか。それはコンピュータによる簡易的な審査のことです。このコンピュータによる簡易的な審査のことを仮審査と言います。

この仮審査をパスして初めて本審査を受けることができるのです。その内容は基本的な利用者の情報を機械的に判断することで、年収や勤務先の勤続年数と言った情報です。各金融機関が設けた設定値を上回って入れば仮審査をパスすることができますし、下回っていれば審査に落ちます。このような機械的に審査を行う方式なので、仮審査に関しては30分程度で審査の結果を提示することができるのです。ちなみにこの設定値や判断する情報の数の多さなどによってその金融機関の審査の厳しさに直結しているので、この審査が厳しいところほど本審査も厳しいという傾向があります。

ただ、どんな金融機関でも無職の方や半年程度の勤続年数の方、年収がパートタイム並みの水準の方、多重債務を5社以上抱えている方などは、かなりの高確率で仮審査に通らない可能性が高いです。なぜならローンを契約しても返済してもらえないリスクがあまりに高いため、仮審査の段階で落としたいと考える金融機関がほとんどだからです。

詳しい人
キャッシングより敷居は高いと思いますよ、多重債務を一本化するわけですからね。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

おまとめローンの審査の流れ

おまとめローンの基本的な審査の流れですが、まず一連の流れを説明していきます。最初に申し込みを行い、受付をします。次が前の項目でお話しした仮審査、そしてその審査の結果パスした場合は、改めて本人の確認を行い在籍確認もされます。そこから本審査がスタートし、後日結果連絡を行ってパスすれば契約に進みます。

そして必要書類を提出して融資が始まるという流れになります。申し込みや受付、仮審査は来店する必要がなくネット上で完結してしまうことも珍しくありません。そこから本審査に入ります。消費者金融の場合、即日で本審査を行いますが必ずしも対面である必要はありません。ネットや自動契約機で出来てしまう消費者金融もあります。逆に銀行の場合は必要書類を郵送後、返送されてから書面で本審査が行われ日数がかかります。ただ消費者金融と同様、銀行によっては店頭に足を運ぶ必要なく審査が完結します。即日の融資決定が望める消費者金融に対し、来店不要でも本審査に時間がかかる銀行という差がおまとめローンの審査の流れの差になっています。

もちろん両方の金融機関とも必要書類として本人の確認書類や収入証明書類、銀行の口座番号(返済を行う口座)や銀行の届出印が必要なのはもちろん、正確な借金総額と借り入れの件数を提示できるものを用意する必要があります。また、免許証は住所変更がされていない場合が多いため、審査前に住所が現在地でない場合は警察などへ行って住所の変更を申し込む必要があります。このように様々な書類から得られる情報によって仮審査、本審査を行い、パスして初めておまとめローンの融資が行われるという流れになっています。

詳しい人
信用情報は調べるでしょうし嘘はバレますのでやめましょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

審査が通らない原因

おまとめローンは基本的に審査が厳しいのですが、定職があって一定収入があり、それほど多くの会社からローンを受けていなければ通ることが多いです。しかし、審査が通らない場合は原因と思われるものがいくつかあります。ブラックリスト入りしている場合はもちろんのこと、借入が5社以上だったり、借入金額が大きかったり、あるいは勤続年数が短い、無職という場合はほぼ通らない原因となります。そう言った場合はほぼ審査を通すことが困難です。

しかしそうでない場合でも審査に通らない場合があるので、基本的な審査を通すコツを紹介します。まず一度に複数の金融機関へおまとめローンを申し込まないことです。つい、学校の受験のすべり止めのような要領でいくつも同時に申し込みがちなのですが、同時に申し込んだ場合各金融機関がそれを把握し、貸すにはリスクの大きい人物とみなされ一斉に審査を落とします。更に思いがけずブラックリスト入りしてしまう場合もあるため、以後おまとめローンは利用できなくなります。なので、必ず審査結果が出るまでは次の金融機関を当たらないことです。

このほかにもつい状況を良く見せようとして借金の額を少なく書いたり、収入を水増しして書いたりする場合がありますが、それは虚偽の申告と見なされ、審査で即刻落とされます。利用者の状況はすでに金融機関がある程度把握している場合が多く、ウソをついてもすぐに見抜かれることがほとんどです。記入ミスも虚偽と見なされる場合があるので、情報の申告は厳密に行う必要があります。この他に勤続年数が意外と重視されることも多いので、最近今の職場に勤務したばかりであれば最低1年以上の勤務年数実績を持ってから望むのがコツです。

詳しい人
年収が低くとも勤続年数が多ければ通る場合も多いです。収入の安定性でしょうね。

審査が通りやすいおまとめローンの選び方

一言で言うと審査が通りやすいおまとめローンは基本的にありません。なぜなら利用客が一般の人間ではなく、多重債務を抱え、これからも更に負債をかかえる危険性があり、最悪債務整理をされてしまい不良債権化する可能性がある人間だからです。そう言った人間に対して融資を行うというのは非常に勇気のいることです。なので、基本的にどの金融機関も審査は厳しめになっています。それでも厳しいながらも比較的審査が通りやすいものとしては消費者金融系のおまとめローンが挙げられます。これは金利が銀行よりもやや高く、おまとめローンを組むメリットが若干落ちますが、銀行で審査に落ちても消費者金融なら通る可能性があります。

おまとめローン通らない方はどうする?(債務整理、給料ファクタリングをすすめる)おまとめローンは通らない場合が少なくありません。そんな時はいくつか手立てがあります。気軽に行いやすいものとして、融資枠の大きいカードローンを利用することです。まとめて返済できるだけのローンを組み、そのお金で全ての債務を返済し、カードローンの返済一本にするというものです。 ただし、おまとめローンよりも金利が高いためメリットがほとんどなく若干返済金額や手数料が減る位の効果と返済の面倒さが緩和される程度の効果しか期待できません。

それでもダメであれば債務整理をおすすめします。弁護士などに相談し、裁判所を通じて債務の減額を行ったり(民事再生)、自己破産して債務の免除を行うという方法です。ただ、その反面この方法だと信用は完全に失われ融資の他、スマートフォンや通販の分割払いすらできなくなります。そんな状態を回避するのにおすすめの方法は一番返済が厳しい時期に給料ファクタリングを一時的に利用することです。給料の前借に近いこのサービスを使えば、その月の支払いを何とか耐えることができるので、次の月以降で挽回することも可能となります。このようにカードローンで一本化する方法や債務整理を行うという手もありますが、給料ファクタリングで辛い時期を乗り切るという方法もあります。

詳しい人
おまとめローンに落ちても債務整理やファクタリングなどで窮地を脱することもできますので広い視野で借金と向き合って行きましょう!

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

ユーファイナンス


中央リテール