家族(親・子供・兄弟)の借金を肩代わりでおまとめローンできますか?

息子の借金を肩代わりする父

家族や恋人のローンをまとめて借金一本化したいと考えている方は多いと思います。特に信用情報が良い自分が低い利息で借り換えることができれば、トータルでもかなりの減額が出来ますからね。

今回は『家族(親・子供・兄弟)の借金を肩代わりでおまとめローンできますか?』についてまとめたいと思います。

どうして親や兄弟に借金の返済をしてもらうのか?

借金をしている本人が普通は借金を返済しますが、事情により本人が払えない場合もあります。それはどうしてかというと仕事が今まで上手くいっていたのに仕事を辞めさせられたり、仕事の収入が悪くボーナスや普通の給料が減らされてしまうこともあります。こうなってしまうと借金が本人だけでは払えない、全く払えないケースも出てきます。こんなときに頼りにしたいのが親や兄弟、場合によっては子供に頼りたいと思うこともあります。普通なら本人のみしか借金は返済出来ませんが、親や子供や兄弟に肩代わりして払ってもらうことが出来るのかこれから説明します。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

おまとめローンでは肩代わりは出来ない

残念ながらおまとめローンというローンでは親や子供、兄弟に肩代わりしてもらうことは出来ません。もちろん名義を変えることは出来ないし、代わりに払うことも出来ません。通常のおまとめローンは借金返済は本人しか出来ません。だから本人がしっかりしないと借金がいつまでも返せなくなるし、一生借金をかかえてしまうことにもなります。他に親や子供や兄弟に肩代わりしてもらう方法はないのかというと、おまとめローン以外のローンの中には肩代わりが出来るものもあります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

親から本人へのお金の手渡しはどうなんだろう

親から本人への手渡しは結論から言えば、おまとめローン代としてお金を渡すことは出来ます。しかしお金を渡すことは出来るとしても親や兄弟、子供から本人へ渡した場合贈与税がついてくることに注意が必要になります。ローンにまだ多額な借金がある場合、家族から本人へ渡す金額は大きくなります。1年の間に110万円以上のお金をあげた場合贈与税がかかり、どうすることも出来なくなってしまいます。

もし肩代わりのことを前提に考えるならローンはどうすればいいか

確かにローンは通常本人が払うのが当たり前ですが、人によっては肩代わりのことを考えながらローンを組む人もいます。こんなときはおまとめローンというローンは組まず、フリーローンなどの肩代わりが出来たり自由な形で返済出来るローンが一番望ましいです。もう一つの方法もありますが、110万円というのは1年の間の目安になる金額なため、次の年や前の年に110万円未満を渡せば贈与税はかからなくなります。おまとめローンは利用しやすくいいこともありますが、もしものことを考えると大変だから注意が必要になります。

まとめ

どうしても親が払ったり兄弟が払うことも出てくることもあります。ローンを組む場合はまず自分がどんなローンでも借金をこれから返すことが出来るか、仕事の方は大丈夫なのか考える必要があります。むやみに今の状況が分からずローンに手出ししてしまうと、肩代わりも出来ず本人だけでずっと悩んでいるケースもあります。おまとめローンは結論を言うと肩代わりすることは出来ません。親からローンを通して援助するよりは親に頼み、親から数万円の金額を直接もらう方が税金もかからないしローンという心配もなくて毎日過ごすことが出来ます。いつまでも借金のことをかかえているよりは最初からどうするか計画的に実行する方がいいです。

もしもの肩代わりのことを考える場合はあらかじめ親や兄弟と相談して話し合うことも大事です。本人が借金していることも親や兄弟や子供が知らず、急に肩代わりしてもいくら親でもお金を渡してくれないこともあります。自分のことも大事ですが、家庭の事情も考えておまとめローンもしくはフリーローンを組む方がよりいいです。

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

ユーファイナンス


中央リテール