住宅ローン借り換え時の審査条件のポイント!

現在の住宅ローンから低金利のローンへ借り換えを検討している場合に知っておきたいのがどんな風に審査されているのか、審査される条件を知ることです。そこで、住宅ローンを借り換えする時の審査で見られる項目を調べました。

住宅ローンを借り換えの審査を申し込む前に

住宅ローンの借り換え時の審査は「長期間確実に返済してくれるか」が重視されます。

借り換え時に気になるのは物件の担保割れです。住宅を購入して年数が経過すると物件の担保物価は下がります。高金利の住宅ローンだと最初は利息返済の割合が高く、元金の返済が進まなく、担保価値よりも住宅ローンの残高の方が高いという担保割れの状況になります。以前は担保割れの物件での住宅ローンの借り換えは難しいものでしたが、現在は物件評価以上の借り入れが可能な住宅ローンが増えています。

しかし、物価評価以上の借り入れが可能な住宅ローンに借り換えした場合に返済を滞ってしまうと担保物件を差し押さえても資金を回収できないということになります。
資金を回収できないと困ってしまうので借り換えを検討している方に対しては担保物件と共にしっかりと審査を行い、返済能力があるかどうかの判断が行われます。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

住宅ローンの借り換え時の審査項目

物件の担保評価に住宅ローンの審査にはさまざまな項目があります。審査項目として代表的なものとして「借り入れ時の年齢、完済時の年齢」「年収」「勤続年数」「返済負担率」「健康状態」です。

借入時の年齢と完済時の年齢については、年齢が上がるほど返済可能期間が短くなります。50代以降になると返済可能期間は短くなるので借り入れが難しい可能性もあります。年収と勤続年数については、収入があってかつ勤続年数が長ければ継続的に返済できると判断されやすいです。逆に転職したばかりで勤務継続期間が短い場合や自営業の方は収入が不安定で勤続年数が不透明なので評価が低くなる可能性もあります。

返済負担率については、年収に占める借入金返済額の割合のことです。借入金には住宅ローンだけでなく、自動車ローン、教育ローン、カードローン、キャッシング、分割払い、リボ払いの金額を含まれるので、住宅ローン以外の返済額が多いと住宅ローンの借入可能額が少なくなります。健康状態については、住宅ローンの審査になぜ関わってくるのかと言うと団体信用生命保険に加入できるかどうかに関わってくるからです。

団体信用生命保険とはローン契約者が死亡した場合に保険金でローン債務が保険会社によって弁済される保険のことです。住宅ローンの借り入れの際に団体信用生命保険の加入が条件になっているところも多いので健康状態が不安な方だと団体信用生命保険の加入が絶対だと不利になる可能性があります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

借り換えの審査に対する不安を減らす

審査項目によっては不利になってしまうかもしれないと不安に感じる方もいるので、不安材料を減らすことが大切です。年齢が高い方は住宅ローンによっては年齢制限の幅が広いものもあるので、年齢が高い方は年齢制限の幅が広いものを検討すると良いです。

また、借り換え前に転職を検討している方は、収入と勤務年数が少ない状態になり評価が下がってしまうので、もし転職を考えている場合は借り換え後に行うのが良いです。返済負担率は住宅ローン以外のさまざまなローン、キャッシング、分割払い、リボ払いがある場合は完済しておいてから借り換えすると評価を上げられます。さらに、カードローンの借入可能限度額も計算に含まれてしまうこともあるおで、不要なカードローンを解約して整理することも審査に対する不安を減らすことにつながります。

健康状態に不安がある場合は団体信用生命保険の加入が不要、選択制、任意加入の住宅ローンを選ぶことです。ここで注意したいのが、団体信用生命保険の加入をしない場合はローン契約者が死亡した場合のリスクに備える必要があることです。遺族がローンの返済を引き継ぐことを了承してもらうなどで備えがあれば良いですが、そうでない場合は無理に借り換えをしない方が良いです。今の住宅ローンを継続し、繰り上げ返済や毎月の返済額を変更して返済の負担を減らしていく方法で不安を消していくのが良いです。

よって、住宅ローンの借り換えにおける審査にはさまざまな項目があり、重要なのは長期にわたって返済できる能力があるかどうかだと分かります。借り換えの審査に対する不安を減らした状態で借り換えを検討するのがおススメです。借り換えの際は自分に合った住宅ローンをいくつか比較検討して、自分の条件に合っていて、かつ有利な条件で借りられるものを念頭に入れて検討するのが良いです。

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

ユーファイナンス


中央リテール