おまとめローンはボーナス払いができない!任意返済で対応しよう

ボーナス払いで借金を返したい会社員

今回は『おまとめローンはボーナス払いができない!任意返済で対応しよう』についてまとめたいと思います。

ある程度まとまった金額が入るボーナスをおまとめローンを返済しようと思う人もいますが、おまとめローンをボーナス払いできるケースは非常に少ないのが現状です。おまとめローンはボーナス払いが出来ない設定となっている会社が多いので、ボーナス月などまとまった金額が入ったり、余裕があるから多く返したい場合はその都度返済額を増やしたいと依頼していく方法しかありません。

ですが、ボーナスが入った分をおまとめローンで返済する方法として任意返済があります。そこで、任意返済とはどういったものなのか、どうやって返していくのかについて調べました。

任意返済とはどういった返済方法なのか

おまとめローンの返済方法には約定返済と任意返済の2つの方法があります。

約定返済は月に1度の返済日に支払って返済する方法です。月に1回決まった金額を地道に返していく方法です。一番オーソドックスで確実な方法ではありますが、返済期間が長くなります。

一方、任意返済はお金の余裕がある時に、約定返済と併せて返済額を増やして返すことです。例えば、毎月の約定返済が1万円のケースで、余裕があるので追加で5万円返済したい場合に金額を増やして返済することです。

つまり、自分の好きなタイミングで毎月の返済金額にプラスして多く返していくのが任意返済の返済方法です。返す金額が多くなれば、完済までの期間も短縮でき、返済時にかかる利息も少なくできます。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

ボーナス返済には任意返済が使える

現在、おまとめローンでボーナス返済のサービスを提供してくれるところは非常に少ないです。そこで、ボーナスが入った月にまとまった金額を返すことでボーナス返済として代用できる任意返済を使うことです。

任意返済は多くのおまとめローンで提供されています。大きな金額が入るボーナス月に任意返済を利用することで完済までの期間を短縮できるので、返済負担も減らせるので、ボーナスが入る月は任意返済でまとまった金額を返していく方法がボーナス返済として代用可能だと分かります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

おまとめローンを選ぶ時は任意返済ができるものをおススメ

任意返済で返済する金額を増やすことで、完済までの期間を予定より短くできます。なので、おまとめローンを選ぶ時に任意返済があるかどうかを確認することがポイントです。ボーナスが入る月にまとまった金額を返済に充てることがができれば完済期間を短縮でき、完済までの期間が短くなれば返済にかかる利息の節約にもつながります。

任意返済を上手く活用して一気に支払いを行えば、その後の返済までの期間を短くでき、返済負担を少なくできます。上手く活用する方法として、ボーナスが入る月が7月と12月だとしたら、7月と12月の返済額を任意返済して返す金額を毎月支払っている金額にプラス3万とか5万と増やす金額を決めておけば、返済スケジュールも把握しやすく、最初にシュミレーションした返済期間よりも短くできることも明確になります。

ボーナスが入らない場合でも年に1回ないし2回くらい返済額を1万円でもプラスして任意返済するタイミングを決めて返していくことも利息を減らし返済期間の短縮に十分につながります。

よって、入ったボーナスを任意返済にして、まとまった金額を返すことで返済年月を短くでき、負担を減らすことができます。利息の節約にもつながるので任意返済を上手に活用することが重要です。

おまとめローンは金額が高額なケースも多く、金額が多いと返済までの期間も1年以上かかります。長い返済期間を少しでも短くする手段としても任意返済は活用できます。余裕のある月は1万円でも多く返していけば後々の返済の負担を減らせるので、任意返済を上手く活用することをおススメします。

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

ユーファイナンス


中央リテール