仮執行宣言付支払督促の解説と対策!

突然の督促!仮執行宣言付支払督促かどうかまず確認して下さい。

審査に喜ぶ男性1本化ローンのユーファイナンス

仮執行宣言付支払督促とは

仮執行宣言付支払督促とは何でしょうか。何かしらの返済を促すための手段ということは何となくわかると思うのですが、具体的にはどういったものか分からないこともあると思います。そこでこの項目では、この仮執行宣言付支払督促について大まかにお話しをしてみます。仮執行宣言付支払督促を考える時に、言葉を分解すると分かりやすいかもしれません。この場合、仮執行宣言と支払い督促に分けて考えます。まず支払い督促について説明します。

これは、お金などを借して、それらを返してもらいたい時に行う催促です。更に、ただの催促ではなく、裁判所へ手続きを行って裁判所(裁判所書記官)のお墨付きをもらった催促になります。この催促の効果を更に強化したものが、仮執行宣言付支払督促になるのです。仮執行宣言付支払督促へ強化するためには条件があります。支払督促を債務者(借りている人)に送達されてから2週間以内に借りている人からの異議(文句)がないことによって初めて仮執行宣言の申し立て(仮執行宣言付き支払督促への強化)が可能になるのです。

ダメ元でメール相談する男性

30日以内に申し立て

この申し立てを行うことにより裁判を行い支払督促に執行力を受けられる権利が与えられ、支払い督促が強化されて、強制執行の申し立てを裁判所に行えば実力行使で借金などの取り立てが可能になります(B級ドラマで出てくるような布団などを引っぺがして返済の足しにすることが可能になる)。ただ、かなりの力を貸している人間に与えてしまうので、督促状が借りている人に渡ってから30日以内に申し立てが行われなければ、仮執行宣言ができなくなるようになっています。

また、借りている人間が逃げてしまい支払督促が届かない場合も、仮執行宣言の申し立てができないようになっています(ただし、ややこしいのですが、支払い督促を受け取った後、住所不明になった場合は仮執行宣言を受けることができます。)。この催促を受け取ってもなお、借りた人がお金などを返さない場合は、裁判所のお墨付きで強制的な取り立てができる催促が「仮執行宣言付支払督促」になるのです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

仮執行宣言付支払い督促手続の流れ

前の項目でも少し触れましたが、大まかな流れを説明します。まず、貸した人が相手の住んでる場所を管轄する簡易裁判所に「支払督促の申し立て」を行います。次に「支払い督促の発付」を行い、支払督促正本(正式な督促)を借りている人間に送ります。この時、借りた人間が受け取った時点で、督促した事実ができます。

ここから2週間以内に借りた人間は「仮執行宣言前の異議申し立て」を行い化した人間に裁判を起こすことができます。異議の申し立てがなければ、貸した人間は支払督促を送った2週間目の翌日(15日目)から30日以内の範囲で仮執行宣言の申し立てをすることができ、発付されれば「仮執行宣言付支払督促」の正本(正式な文書)を貸した人間に送ることができます。借りた人間が受け取る受け取らないに関わらず2週間経つと仮執行宣言付支払督促が確定します。

借りた人間はこの2週間のうちに仮執行宣言後の督促異議申し立てをして裁判を起こすことが可能です。その後、借りた人間が支払いをしなかった場合は、貸した人間が強制執行の申し立てを行うことができます。このように借りた人間は強制執行まで2回異議申し立てを行うことができ、貸した人間は強制執行まで、手順を踏まなければ行えないようになっているのです。

仮執行宣言付支払督促を受けた場合はどうすればいいの?

二つの手段を取るもう一つはことができます。強制執行を受ける前にお金など借りたものを返すことが一つ。もう一つは支払に対して異議があれば、申し立てを行うことができます。この申し立てには期限があり、仮執行宣言付支払い督促を受け取った日の翌日から数えて2週間以内に払督促に同封されている「異議申立書」という書面に必要事項を書いて支払督促を出した簡易裁判所に郵送するか、直接持っていきます。更に仮執行宣言の執行停止の手続きを行って初めて仮執行宣言をストップさせ、裁判を起こします。このチャンスを逃すと、強制執行について争うことはできません。

まとめ

仮執行宣言付支払督促は、強制執行を行うという予告をした取り立ての催促のことです。この督促をストップさせるには支払督促が来た時点で異議申し立てを行うか、仮執行宣言の正本が届いた時点で異議申し立てを行い、執行停止の手続きを取る必要があります。

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

まずはお申込みで複数の借入を一本化!無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方もおまとめ(借換え)ローンを組める可能性は十分にあります。ネットからの申し込みも簡単です。以下お勧めのおまとめローン会社を2社ご紹介いたします。大手で断られた方にオススメ!

おまとめローンの審査申し込み

ユーファイナンス

当サイト人気No1の借り換えおまとめローン。保証人・担保不要。融資まで最短1日。融資金額:100万円~700万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:7.3%~15%(要審査)返済期間:最長10年(1~120回)必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書。カンタン申込フォームからお気軽にどうぞ。株式会社UCS 東京都台東区小島2-14-5毛利ビル7F。営業時間:平日 9:00-18:00。


中央リテール

他社一本化(借換)おまとめローン。融資まで最短1日。他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。融資金額:~500万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:無担保10.95%~13%、不動産担保8.2%~9.8%(要審査)返済期間:最長10年。返済額が軽減できるかはお申し込み後にご確認ください。中央リテール株式会社 渋谷区道玄坂2-25-7-6F。