カードローンの限度額が減額される理由!むやみに増枠申請をすると危険?

消費者金融のカードローンを利用中に増枠申請を行う際は要注意ですよね。いわゆる再審査になりますからね。そこで限度額が下げられる場合があるそうです。信用状況は変動しますので、銀行でも自主規制ルールの変更をする場合もあります。限度額を減らされて自転車操業すらもできなくなったらアウトですからね。

今回は『カードローンの限度額が減額される理由!むやみに増枠申請をすると危険?』についてまとめたいと思います。

消費者金融ならば他社借入状況が影響している

限度額が減額されたカードローンが消費者金融ならば、改正貸金業法に基づく総量規制の影響を受けている可能性が高いです。なぜなら、総量規制では他社も含めた貸金業法に基づく融資を行っている金融業者からの借入総額が、年収の1/3以内となることが求められているからです。

総量規制を超えて貸付を行っている貸金業者は、発覚すると金融庁からの罰則を受けてしまうので、限度額を減額するという手段により総量規制の範囲内に貸付を制限しています。消費者金融が加盟する個人信用情報機関JICCにより、貸金業者間の融資状況は個別に確認出来るようになっているので、他社からの借入額が増えていたら限度額が減額されることは十分にあるわけです。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

銀行カードローンは途上与信により審査が行われる

限度額が減額されたカードローンが銀行の商品だった場合には、定期的に行われている途上与信に引っ掛かった可能性があります。銀行カードローンの場合には、利用限度額設定に総量規制の影響を受けないものの、銀行内での自主規制は時々ルール変更が行われている状況です。

銀行カードローンにより貸しすぎという批判を受けて、現在の利用限度額を順次見直している状況ですから、限度額が減額されてしまうことは借入額が大きくなくても有りえます。特に銀行カードローンの契約をしていても、全くカードローンを利用していないケースの場合には、最初から利用限度額が多くなくても良いと判断されがちです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

消費者金融の増枠申請を行うと再審査扱いとなる

カードローンの限度額が減額されてしまう理由で最も多いのが、消費者金融からの案内により増枠申請を行ったケースです。銀行カードローンとは異なり、消費者金融の増枠申込案内は審査部署とは全く異なる部署が販売促進のために行っているので、必ずしも応じる必要はありません。

消費者金融のカードローンを利用中に増枠申請を行うと、今までの利用限度額が一旦白紙に戻されて改めて新規に準じる審査が行われます。今まで設定されていた利用限度額は完全に無視されて再度まっさらな状態から審査を行うために、現在の与信状況次第では再度設定された利用限度額が以前より少なくなることがあるわけです。借入額が他社を含めて増えている場合には、増枠申請が限度額の減額に繋がることが多いので、消費者金融の場合には無闇に増額申請を行わないことが限度額の減額を防ぐコツです。

他社借入が増えていなくても借入枠が増えていたら減額される

金融業者が加盟する個人信用情報機関は、銀行系のJBA・信販系のCIC・消費者金融系のJICCと国内に3機関存在しています。このうちCICとJICCは貸金業法に基づき連動しているので、他社借入が増えていなくても他社借入枠が増えていたら次に途上与信をかけたカードローンは限度額を減額しても不思議ではありません。

なぜなら、銀行以外の貸金業法に基づき貸付を行っている金融業者は、総量規制を遵守するために個人信用情報機関へ登録されている情報を参考にするからです。他社も含めた借入枠の総額が年収の1/3を超えている状況ならば、自社からの借入時に年収の1/3を超える貸付を行って自社が罰則を受けるリスクがあります。

そこで、他社を含めた借入枠の合計が増えていたら、自社の限度額を減額して総量規制を超えた貸付とならないように自らを守る姿勢となっている金融業者があるわけです。個人信用情報機関には、現在の借入状況と返済状況だけでなく、他社契約状況までが登録されています。他社の状況を定期的に行う途上与信で確認し、カードローンの限度額を適正に対処しているわけです。

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

まずはお申込みで複数の借入を一本化!無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方もおまとめ(借換え)ローンを組める可能性は十分にあります。ネットからの申し込みも簡単です。以下お勧めのおまとめローン会社を2社ご紹介いたします。大手で断られた方にオススメ!

おまとめローンの審査申し込み
ユーファイナンス

当サイト人気No1の借り換えおまとめローン。保証人・担保不要。融資まで最短1日。融資金額:100万円~700万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:7.3%~15%(要審査)返済期間:最長10年(1~120回)必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書。カンタン申込フォームからお気軽にどうぞ。株式会社UCS 東京都台東区小島2-14-5毛利ビル7F。営業時間:平日 9:00-18:00。


中央リテール

他社一本化(借換)おまとめローン。融資まで最短1日。他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。融資金額:~500万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:無担保10.95%~13%、不動産担保8.2%~9.8%(要審査)返済期間:最長10年。返済額が軽減できるかはお申し込み後にご確認ください。中央リテール株式会社 渋谷区道玄坂2-25-7-6F。

ダメ元でメール相談する男性