住宅ローンとオートローンを一本化は危険!契約時に売買契約額を水増し?

オートローンやキャッシングの借金分を住宅ローン上乗せして契約してしまうという手法があるようです。実質的に住宅ローンの金利は低いですから、おまとめローンとしては最適なわけですが、極めて違法性が高い手法ですので、こういう業者や商品があっても注意が必要ですね。

今回は『住宅ローンとオートローンを一本化は危険!契約時に売買契約額を水増し?』についてまとめたいと思います。

住宅ローンは特別扱いされている

住宅ローンとオートローンが一本化できるというチラシに興味関心を持つ人は、これから住宅ローンを組みたいと考えている人です。一度でも住宅ローンを組んだことがある人ならば分かるように、住宅ローン審査は数多くの書類と条件を完璧にクリアしなければ審査に通りません。このため、既にオートローンや他の借り入れがある場合には、一旦全て完済した状態にしておくことが求められます。事前審査段階で引っ掛かる人は、住宅ローン融資担当者から他社借り入れを完済して完済証明書の提出を求められるはずです。

住宅ローンが特別扱いされている理由として、金額が大きいだけでなく金利設定が極めて低いことから、返済能力に関する審査が最も厳格に行われるからです。年収に対して返済能力を計算する際に、可処分所得から返済能力算定を行います。年収の何%以下ならば審査に通すという基準は外部へ非公開ですが、他の借り入れがあるとその分だけ短期返済であっても返済能力から削られてしまい、希望の融資額を得られなくなりがちです。住宅ローンはあくまでも住宅購入資金のみに使うからこそ、低金利融資が出来るわけです。

長期固定型の住宅ローン、フラット35の金利は、指標となる長期金利が一段と低下したことを受け、最長35年のローン…
審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

フリーローンの金利は高い

住宅ローンの金利は、長期低金利政策により変動金利と固定金利により違いはあるものの、年3%程度で融資を受けられる状態が続いています。オートローンについても目的別ローンとして数%の金利設定となっていますが、無担保ローンとして融資が行われているフリーローンは年15%以下という高金利です。一般的に金利設定は貸付リスクに応じて設定されるものであって、無担保ローンが最も高金利となりやすいです。有担保ローンの目的別ローンならば金利設定が数%にまで落ち着きますが、住宅ローンでは金額が大きく20年~35年といった長期返済を行うために低金利でも金融業者としては利益を出せます。

住宅ローンとオートローンを一本化出来るというチラシは、フリーローンに借り換えるといった正規の方法では金利設定が跳ね上がってしまうので、非現実的だと分かります。それでも低金利融資が可能となる場合には、住宅ローン契約時に売買契約額を水増しするといった不正行為によりオートローン完済額分を住宅ローンへ上乗せする手法が行われているわけです。

総量規制や上限金利の引き下げの影響もあり消費者金融の貸出が減った裏で、銀行カードローンへ流れる人が多くなりまし…
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

なぜ一本化が違法なのか

住宅ローンとオートローンは目的別ローンとして資金使用用途を限定した貸付が行われています。一本化すること自体が違法となる理由として、目的別ローン審査段階で提示する書面には、契約書の原本提示が必要です。しかし、売り主との契約書をそのまま提出してしまうと金額が異なると判明してしまうので、偽物の契約書を銀行や金融機関に対して提出して住宅ローン審査を受けることになります。虚偽の情報で審査を通過させようとするので、金融機関に対して詐欺行為を働くことになりかねません。金融機関は提出された書面を基に審査を行うので、書面自体を細工されてしまうと見抜けないこともあります。

売主にとっては売買代金を水増しされてしまうと、税金の支払額に差が出てしまうので売主が受け取った金額と違う契約書が作られてしまうことになります。売主が了承の上で住宅ローンにオートローンを含めた金額で融資を通してしまうと、売主が余計な税金を支払うか脱税により追徴課税を受けるリスクが出るわけです。金融機関にとっても本来の売買契約代金以上の融資を行うことは、担保不足を招く原因となりやすいので住宅ローン返済が滞る原因となりかねません。住宅ローン返済が破綻するリスクを避けるためにも、一本化を目指そうとする申込者を事前に察知して見破る必要があります。

2つの自動車ローンや自動車ローンとカードローンをまとめたいという人いますよね。ただ自動車ローンの方がかなり金利が低いですからトータルで支払い金額が少なくなるのか、よく考えたほうがよろしいかと思います。ただ1つにまとめた方が精神的に楽だと安易に考えて...

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

まずはお申込みで複数の借入を一本化!無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方もおまとめ(借換え)ローンを組める可能性は十分にあります。ネットからの申し込みも簡単です。以下お勧めのおまとめローン会社を2社ご紹介いたします。大手で断られた方にオススメ!

おまとめローンの審査申し込み
ユーファイナンス

当サイト人気No1の借り換えおまとめローン。保証人・担保不要。融資まで最短1日。融資金額:100万円~700万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:7.3%~15%(要審査)返済期間:最長10年(1~120回)必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書。カンタン申込フォームからお気軽にどうぞ。株式会社UCS 東京都台東区小島2-14-5毛利ビル7F。営業時間:平日 9:00-18:00。


中央リテール

他社一本化(借換)おまとめローン。融資まで最短1日。他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。融資金額:~500万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:無担保10.95%~13%、不動産担保8.2%~9.8%(要審査)返済期間:最長10年。返済額が軽減できるかはお申し込み後にご確認ください。中央リテール株式会社 渋谷区道玄坂2-25-7-6F。

ダメ元でメール相談する男性