自動車ローンとカードローンの一本化!金利が1%上がるだけでも返済総額が高くなる

2つの自動車ローンや自動車ローンとカードローンをまとめたいという人いますよね。ただ自動車ローンの方がかなり金利が低いですからトータルで支払い金額が少なくなるのか、よく考えたほうがよろしいかと思います。ただ1つにまとめた方が精神的に楽だと安易に考えてしまうと思わぬ落とし穴に嵌りそうですよね。

今回は『自動車ローンとカードローンの一本化!金利が1%上がるだけでも返済総額が高くなる』についてまとめたいと思います。

自動車ローン一本化前に金利比較をしよう

自動車ローン一本化を考える際には、一本化したいローンがどのようなものか整理しておく必要があります。

・自動車ローン2台分あるので一本化したい
・自動車ローンとカードローンが両方あるために一本化したい

上記2種類では全く異なる結論となるので、少なくとも別々に考える必要があります。

審査に喜ぶ男性
おまとめローンなら中央リテール

自動車ローン2台分あるので一本化したい場合

自動車ローンを2台分組んでいる場合には、有担保ローンを2つ契約していることになるので、毎月の返済額は設定されている金利次第となります。新車と中古車では条件が異なるだけでなく、新車購入時には車自体の価値が高いために有担保ローンとして頭金をどのくらい積んだかにより金利設定が変わります。

長期低金利政策により年率3%以下という低金利融資を受けられているならば、敢えて自動車ローン2台分を一本化するメリットがありません。なぜなら、一本化するためには新たに有担保ローンを組み直すか無担保ローンによる借り入れとなってしまうので、必然的に金利が年3%で収まることは無いからです。

おまとめローンとは「おまとめローン」とは、複数社から借り入れている借金の負担を軽減するために、新たに借り入れを行うものです。新たに借り入れた借金を元手にそれまで抱えていた複数の借金を完済するため、「借り換え」あるいは「一本化」とも呼ばれています。...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

自動車ローンとカードローンが両方あるために一本化したい場合

自動車ローンとカードローンの両方があるために、返済管理がしやすい一本化ローンを目指す場合には、最初に現在の借入状況を把握することから始めなければなりません。自動車ローンには車の残存価値に見合った金額のローンを組むことが出来るので、有担保ローンならではの低金利を受けられます。カードローンは契約内容により5%~18%の範囲内で年率が決まるので、目的別有担保ローンとは比較にならないほど金利が高いです。それでもなお一本化ローンを組みたい場合には、最初から有担保ローンとするしかありません。

有担保ローンは、担保として車を設定する代わりに融資を受ける方法ですから、現在と返済計画中に借入総額が担保となっている車の価値を下回ると問題です。そこで、現在設定されている自動車ローンの残額よりもカードローン残額が少ない場合に限り、自動車ローンの組み直しという形で一本化すれば低金利を維持出来ます。カードローンの借入残高が自動車ローン残高よりも多ければ、無担保ローンとなってしまうので年率が一気に上がり返済が苦しくなるので一本化ローンの意味がありません。

おまとめローンで審査を申し込んでも希望額に届かないことはよくありますよね。なかなかおまとめローン1社でまとめることは難しいです。一気に1社でまとめられればベストなのですが、諦めずにステップアップする方法はあります。目的は借金の利息を下げること、そし...

有担保ローンよりも無担保ローンの金利は高い

有担保ローンの金利設定が無担保ローンよりも遥かに低い理由として、貸主が背負う貸し倒れリスクが少ないことが挙げられます。有担保ローンは、担保となる車の残存価値に応じて融資を行うので、返済不能に陥った際には金融業者が担保として車を差し押さえて回収すれば元が取れるわけです。

一方、無担保ローンの場合には返済不能に陥った時点で債務整理を行われてしまうと、金融業者は元金すら全額回収が難しくなりかねません。危険負担として信用力に応じた高金利設定が必要となります。

車の若者離れが昔から話題になっていますが、個人向けカーリースの保有台数は25万台と年々増えているそうですね。何…

返済総額が最小になるかシミュレーションする

自動車ローンを一本化する際には、一本化前のローン契約内容を確認する必要があります。一本化ローンを組んだ後に金利設定が1%上がるだけでも返済総額が高くなってしまう可能性に注意しなければなりません。なぜ一本化ローンを組みたいのかという理由は、返済総額を減らして早期に完済したいという目的ならば有効です。

しかし、単純に返済日が異なっていて管理が面倒だからという理由だけで一本化ローンを組むことは得策ではないわけです。これまで通りに返済を続けたシミュレーションと一本化ローンを組んだ時のシミュレーション結果を比較して、返済総額が最小限になる方法が一本化ローンの場合のみ切り替えが有利になります。

ニートスズキ。ヒカキンなどが登場する前から顔を出してニコ生で配信をしていたいわば先駆者です。…

穴場のおまとめローンで簡単申込み!

まずはお申込みで複数の借入を一本化!無理のない返済計画の組める商品で他社でお断りされた方もおまとめ(借換え)ローンを組める可能性は十分にあります。ネットからの申し込みも簡単です。以下お勧めのおまとめローン会社を2社ご紹介いたします。大手で断られた方にオススメ!

おまとめローンの審査申し込み
ユーファイナンス

当サイト人気No1の借り換えおまとめローン。保証人・担保不要。融資まで最短1日。融資金額:100万円~700万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:7.3%~15%(要審査)返済期間:最長10年(1~120回)必要書類:身分証(健康保険証、運転免許証、パスポート等)・所得証明書。カンタン申込フォームからお気軽にどうぞ。株式会社UCS 東京都台東区小島2-14-5毛利ビル7F。営業時間:平日 9:00-18:00。


中央リテール

他社一本化(借換)おまとめローン。融資まで最短1日。他社でお断りされたお客様にもご融資できる可能性は十分にあります。融資金額:~500万円(不動産担保は3000万まで)実質年率:無担保10.95%~13%、不動産担保8.2%~9.8%(要審査)返済期間:最長10年。返済額が軽減できるかはお申し込み後にご確認ください。中央リテール株式会社 渋谷区道玄坂2-25-7-6F。

ダメ元でメール相談する男性