私が使ってるFX会社 ヒロセ通商【LION FX】 | 私が使ってるサーバー ミニバード
フランチャイズで独立 中高年失業者必見!低予算・1人無店舗でも出来る低リスクなフランチャイズ5つ紹介
電子書籍 Amazon (KDP) で電子書籍を販売!無料出版・70%のロイヤルティ・出版手続き5分!自分ビジネスを加速せよ!
自動販売機 自動販売機を設置する場所を紹介するだけで1件2万~5万のビジネス!自動販売機って儲かるの?
アダルトアフィリエイト 半永久的な権利収入は本当か?アダルトアフィリエイトで7年間も入金され続けたそのカラクリと攻略法
クラウドワークス クラウドワークスが熱い!在宅ワークでいきなり月6万円稼いだ方法
ポンド円のキャッシュバック 【FX】ポンド円のキャッシュバックだけで月30万稼ぐには?トレード回数を増やし負けにくくする戦略
チャネリング 【チャネリングハック】現実世界は自分の波動が作り出す!バシャール・引き寄せ・動画で習いたいこの4人!
1日の行動をタスク化 1日の行動をタスク化!生活や仕事が激変そして目標達成!毎日やることで習慣化される行動心理とは~3日坊主を克服
任意整理で借金解決 借金をしない生活~筋肉質なキャッシュフローを目指して/固定費削減/お金に稼がせる/任意整理/再投資
トップページ > ビジネス > アフィリエイター > 失敗アフィリエイト3つの理由&劇的に効率が良くなる手法

失敗アフィリエイト3つの理由&劇的に効率が良くなる手法

アフィリエイトで儲からない3つの理由&売る為に最も効率がいい方法。
アフィリエイトは95%が月5千円も稼げない?
敷居は低いが、実質的に超難関のネットビジネスになってしまったアフィリエイト。
今はそう簡単には儲かりません。

クリック保証から成果報酬アフィリエイトへ

自分は長いことアドセンスなどのクリック保証広告で生計を立てていた。
ただいつまでもその生活は続くわけもなく、悲劇はある日突然襲いかかる。

「2013年にアボセンスでアカウントを剥奪」

一気に収入は底をついた。
そこから必然的に成果報酬アフィリエイトへの切り替えを考える。
(他のクリック報酬のAdmaxやFluctもやったが収益は1/10という散々な結果)
多少はサイトアフィリエイトは展開していたので複数のブログはあるのだが、
アドセンスに特化しているためにサイトやブログの構造を根本から変える必要があった。
また先入観で「成果報酬は金がかかる上に難しい」という概念を持っていたので、
より成果報酬アフィリエイトに特化した戦略思考が必要となった。

失敗アフィリエイトの理由1:コンバージョン率が悪い

ブログに集客する事ばかり考えてもノイズが多くなり結果成約が少ない。
集客するブログにペタペタとアフィリエイト広告を貼っても一向に効果が出ない。
ドラマのCMを見るようなものである、これはイメージ戦略やマス戦略といえる。
ユーザーのニーズに合致させ自然に誘導しないとアフィリエイトは成果が出ない。
特に売るのが難しいジャンルの商品やサービスは情報提供と商品のセールスを別に考える必要がある。
また無料ブログなどでアフィリエイトする場合も効率が悪い。
無料ブログは被リンクのサテライトとして機能する、集客は有利だがそこで成約させようと思わないことだ。

「人は集まるが売れない」

ランディングにはコンバージョンの高いサイト構築が必要だ。
その為には、まず独自ドメインとレンサバが必要になるということ。
またコンテンツもクラウドなどで外注するべきだし、集客もPPCで集めて儲かるなら投資したい。
投資は少なからず必要ということだ。

失敗アフィリエイトの理由2:ターゲット選定ミス

アフィリエイトしやすいジャンルは存在する。
だがそこはアフィリエイターの激戦区でもある。
広告もたくさんあるし参入しやすいから利益も出やすいとは限らない。
この儲からないジャンルに固執することが失敗を長引かせることになる。
自分の得意ジャンルや優位性、競合など外的要因も含め勝てる土俵を探し出して
まずはそこに全力投球すべきである。
自分の得意分野はキーワードがバラエティに富んで自然とコンテンツの厚みが増している。
そうなれば検索評価も上がることになる、自分の得意分野をとにかく攻めよう。
100発100中を狙う人ほど結果は出ない、苦しいアフィリエイトに陥っているはずだ。

失敗アフィリエイトの理由3:コンテンツの質が悪い

SEOを考えた上でもしっかりとしたコンテンツでないと長期戦は無理だ。
検索リーチが高ければ正直更新しなくても濃いアクセスは集まるしそこから売れる。
だからいくら関心の薄いユーザーをたくさん集めても効率が悪すぎる。
ページ数が多くても中身が薄いとグループ全体が悪影響しかない。
そういうページやサイトは削除して一から作る直すべきである。
コンテンツの質が悪いのは検索順位に直で反映される時代となってしまった。
無価値の10万ページより価値のある100ページをまず作ろう。

これら3つの反省点を考慮した上で、効率のよい成果報酬アフィリエイトを目指すこととなる。

劇的に効率が良くなる手法

まず集客とマネタイズこの2つはキッカリ分けて考えるべきである。

①情報提供型の集客サイト
②マネタイズ・ランディング型サイト

集客用のサイトは情報量を多く、マネタイズは求める情報だけにして訪問者が迷わないようにする。
アクセスの流れは、集客用サイト→マネタイズサイト、を1つのパターンとして考えていこう。
マネタイズサイトは専門キーワードの検索順位を上げることに注力していく、だから余計なアクセスはいらない。

集客と関係性(信用)作り

ソーシャルやブログを使って日々更新してロングテールでPVを集める方法です。
情報は各方面から集めて様々な嗜好や目的を持った人を集客して、
そこから属性に合わせた各サイトへ移動してもらえる構造にします。

①無料ブログ
②WPブログ
③twitter
④FaceBook

これから検索順位を上げたいマネタイズサイトへ被リンクも集めます。
このブログにアフィリエイト広告を直接貼るのはやめる。
あくまでランディングページとして機能させた自サイトへ誘導する。
twitterなども広告タグを直接貼るより、自サイトで「さらに詳しい情報を」と誘導した方が、
自然であるし売り込み感をなくす効果もある。
同時にユーザーとの関係性を育てていく場所でもあるので、ファンを増やしていく必要がある。

マネタイズサイトはコンバージョンが命

ランディングページとして機能させるサイトを立ち上げる。
ここで広告の成約率を上げることだけを目的にする。

①独自ドメインの比較サイト
②厚いコンテンツを5ページ以上

マネタイズサイトは徹底的に情報を簡素化して必要な情報だけを提供していく。
余計なコンテンツや広告などはコンバージョン率に影響するので徹底排除する。
発リンクもターゲットのアフィリエイトリンクだけにする。
(SEOのリンクジュース配分をしっかり考えていこう)
グループサイトにリンクなどもする必要はない、SEO的にマイナスになるようなことはしない。
このサイトに被リンクをつけることはあっても、発リンクはしない。
(内部リンクは張り巡らせた方が逆にいいと思う)

ジャンルはできるだけ絞ってニッチ化していこう。
できるだけブルーオーシャンで戦うか、激戦区では複合キーワードなどで特定のユーザを集める。
ブログなどから濃いユーザーを厳選するわけですからコンテンツは分かりやすくまとめる。
当初は「比較サイト」「ランキングサイト」という認識でいいと思います。

このコンバージョン率がかなり高いマネタイズサイトがあれば安心である。
ソーシャルであろうと無料ブログであろうとあらゆる所の着地点にすることができる。
グループで儲ける思考、さらに広告の集約化もできるので余計な作業も少なくなる。

マネタイズサイトの末端ページに被リンクを集める

ランディングさせるマネタイズサイトのメインキーワードでSEOをかけ順位を上げていく。
これに成功するか否かでほうしゅうの額に違いがでてくるので対策をしっかりしていこう。
トップページにリンクを集めることはしない、あくまで末端ページに血液を流す。
従って末端のページのコンテンツは文字量は多くするべきだし、手を抜いてはいけない。
この場合はページ数が問題ではなくコンテンツの質が重要になる。
血流を体全体に流して活性化させ、結果的にドメインパワーやオーソリティランクの向上を狙う。

少ないPVでも収益は上がる事を知る

1日10~30PV程度でもコンバージョン50%なんていうサイトも存在する。
こうなるとアクセス数よりも、いかに濃いユーザーを集めるかにかかってくる。

「今必要とする情報を、必要な人にダイレクトに今すぐに提供する」

ココに徹すればコンバージョンは必然的に上がる。
初心者の頃はブログのPVを必死に集めたりしがちだが、全く非効率な方法で、
PVが上がれば収益も同じようなカーブで比例していくというのは幻想ということに気づく。
濃いユーザーを1日数十人でも集めた方がよっぽど収益になるのである。

効率のよい収益の増やし方

様々なサイトを作って横に広げていきますが、これは実験と割り切ってください。
その中から脈のあるサイトが10%~20%程度出てくれば成功でしょう。
(経験や投資額やターゲットの市場競争度によってこの成功確率は変動する)
その10%をさらに横に広げていくのである。
例えば「正社員の求人サイト」で一定の成果が見られたら「アルバイトの求人サイト」を展開する。
共通するテーマがあり相関性が高いものであれば、リンクも不自然ではないのでGoogleからペナルティを課される心配もない。

マネタイズサイトは大量に作っても無駄にはなりません。
収益のあるサイトにアクセスを流したり被リンクをさせるサテライトとして機能させることもできます。
独自ドメインで作っていますので長期的な視点で育てていく必要がある。
稼いでいる人は売れないサイトをテコ入れする暇があったらドンドン新規サイトを作っていきます。

モンスターポータルに成長させる

まずはコンバージョンの高い小規模サイトを量産する方向ですが、ある程度自信があるジャンルであれば
ページ数を鬼のように増やして、コンテンツを分厚くしてシェアを取りにいきます。
サイトアフィリエイトは優良なコンテンツは増やせば増やすほどSEOは有利になります。
脈のある自信のあるジャンルに厳選しないと、苦労が報われない場合も多いですから、市場リサーチをして
結果が出る可能性の高いものに投資をしていこう。
トコトンその業界に精通してマニアになるくらい勉強をして行かねばならない。
ここでの勝敗は、

「同業者から被リンクをもらえるかどうか」

にかかってきますので同業者が利益になるように支持されるポータルサイトを作る必要がある。
同業者の被リンクが集まれば検索リーチはさらに有利になります。

ポータル化して業界の顔となれば長期的なエッジを獲得できますのでアフィリエイトASPを通さなくても
広告掲載の依頼がクライアント直で毎日のように舞い込むことになります。

■カテゴリ : アフィリエイター ■タグ : , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたい事をすべてやる方法 ニュー・アース FXドリームチームが教える為替の鉄則 大塚角満の熱血パズドラ部(改訂版) (ファミ通BOOKS) サラリーマン山崎シゲル (ポニーキャニオン) 長友佑都体幹トレーニング20 まんがでわかる 7つの習慣 完全ガイド 100%得をする「ふるさと納税」生活 YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~ 資金ゼロ、ノーリスク! ! 図解 BUYMAでかんたん副収入 お金が貯まるのは、どっち! ?